MENU

妊娠悪阻のこと。

目次

この記事では、つわりが悪化してしまった時のことをお伝えします。

一般的なつわりの話はこちらをご覧ください

目次

妊娠悪阻ってなんだ?

主に吐きづわりの妊婦さんが、食べることも飲むこともできないのに、嘔吐をくりかえることで脱水や電解質の異常が起こって飢餓状態となってしまうことを重症妊娠悪阻といいます。

つわりって辛いけど、少しくらいは飲んだり食べたりできるものです。
それすらできなくなった時は、もうそれはただのつわりの域を超えています。

そうなるともう自宅で療養するのは危険です。医療機関での適切な治療が必要となります。

ですので、すぐにかかりつけの医院を受診してください。

病院で何をするの?

治療は、医師の指示のもとで安静と点滴です。通院で点滴してくれることも多いですが、入院が必要な病院もあって、そこはいろいろです。少し安定してきたころから少しずつ食事を進めていくことが多いです。
看護師は入院中に食事の取り方とか飲み物選び方とかいろいろお話ししてくれると思います。

精神的に不安定になってたりするので、そんな時は臨床心理士に入ってもらったりもします。

とにかく脱水や飢餓状態を補正して、ゆっくり休んでもらって。食事が少しでも取れるようになったら退院です。

まとめ

つわりが酷くて、動けない、食べられない、飲めない、おしっこでない。なんてことがあったら、
躊躇せずかかりつけ医に相談してください!
つわりくらい、どってことないなんて思わないでくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる